スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コッカースパニエルという犬種

『アメリカン・コッカー・スパニエル』
元々は猟犬として活躍をしていた
1960年代にはディズニー映画の『わんわん物語』の
ヒロイン(レディ)になり、日本でも一時人気になった犬種。
時々、散歩途中で出会う年配の方にはよく
「昔、うちも飼っていたのよ」と声を掛けられる。
その容姿も性格も一度一緒に生活をした者を虜にする
魅力を持っているです。

しかし、アメコカには可愛さの中にとても悲しい運命を
背負ってきている子が沢山居ます。
獣医さえも飼うのが難しい犬種扱いをします。
それは先天的な疾患がとても多くて疾患内容も多種な事。
目・股関節・外耳炎・心臓病・アレルギー・てんかん
他にも色々な疾患を抱えている子が沢山居ます。
我が家のお嬢も色々な疾患を抱えていますが、
最近お友達に色々な病気が見つかった話しを聞くと
私は胸が痛くて悲しくなります。
何でこんなに可愛くてイイ子達が辛い目に合わねば
ならないのかと思うと遣りきれない気持ちになります。
幸いな事は一緒に居る家族がその子達を諦めずに
病気に負けないで立ち向かってくれる事。
一つでも病気が判明すればその治療には決して少なくない
費用が掛かる。
世の中には病気になって費用が掛かるから。
その理由だけで保健所へ連れて行く心ない人間だって居る。
ももと私もこれまで多くの友達に支えられてきました。
私自身、苦しい思いをするのはももだけで十分だと
いつも思っています。
痛くても辛くても泣き言も文句も言わぬ子達です。
神様がこのblogを見てくれるなら、お願いしたいです。
大事にしてくれる家族を選んでくれたなら、楽しいだけの
一生を送らせてあげて欲しいです。

コッカーに限らず『乱繁殖』により、遺伝的疾患を
持った仔犬がとても多く生まれている現実があります。
この世から『病気』というモノを失くす事は無理でも、例えば
遺伝的な疾患なら防げる方法がある。
それは一般家庭で勝手に繁殖や交配をしない事。
犬種に限らず、正しい知識を持っているブリーダーさん達は
繁殖に使うに対してDNA検査等、厳しい検査を
ちゃんと受けて交配を行っています。
今後、繁殖や交配に関して厳しい制約が出来る事を
一飼い主として願わずにいられません。


もも友の病気と戦っているみんな
きっと良くなるからね
日本全国に居る『応援団』が後ろについているから
可愛いキラキラした笑顔は絶対に奪われない様に
みんなで守っていくからね~

パブリックコメント募集!

昨年、blogでご紹介をした【ペットフード安全法】の議案について
環境省&農水省が協力をして改正に向けて準備を始めました。
パブリックコメントを受け付けていますので、是非ご協力下さい。

♡+:;;:+♫+:;;:+♡+:;;:+♫+:;;:+♡+:;;:+♫+:;;:+♡+:;;:+♫+:;;:+♡+:;;:+♫
環境省及び農林水産省では、平成20年6月に公布された
「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)」
に基づき、愛がん動物用飼料(ペットフード)の製造の方法の基準、
表示の基準及び成分の規格の設定を検討しております。
本件について、平成21年1月16日(金)から平成21年2月15日(日)まで、
広く国民の皆様の御意見を募集いたします。

ペットフード安全法は、ペットの健康を保護し、動物の愛護に寄与するために、
ペットフードに関する規制を行い、その安全を確保することを目的としており、
平成21年6月1日から施行されることとなっています。
環境省及び農林水産省は本法律第5条の規定に基づき、ペットフードの使用が
原因となって、ペットの健康が害されることを防止する観点から、
省令によりペットフードの製造の方法の基準、表示の基準及び成分の
規格を定めることとしております。
その内容について、広く国民の皆様の御意見をお聞きするため、
別添1の意見募集要領のとおり郵送、ファクシミリ及び電子メールにより、
平成21年1月16日(金)から平成21年2月15日(日)までの間、
パブリックコメントを行います。

環境省サイトに詳しい内容があります。

「愛がん動物用飼料の成分規格等に関する省令に規定する内容(案)」
に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)

1.意見提出者名:(法人・団体の場合は法人・団体名及び代表者名並びに
本件担当者氏名及び所属部署名)
2.住所:〒
3.連絡先電話番号、FAX番号、電子メールアドレス
4.ご意見:(案文の該当箇所を引用する場合はページも明記)
shizen-some@env.go.jp


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・
我が家は完全手作り食なのですが、折角なのでペットフードだけでなく
おやつや副食にあたるペットが口にする食品にも同等の厳しい基準を
設けて欲しい内容のコメントを送りました。
今後厳しい基準の下で安心して与えられる国産品が増えると嬉しいです。
多くの飼い主の皆さんの希望や願いが届きます様に・・・

ペット税導入前に思うこと・・・

昨年末にニュースにもなったので、知っている方は沢山いるとは
思いますが今後ペットショップで売られている子犬や子猫を買ったら
購入額の一部を【ペット税】として徴収するというお話し。
丁度確定申告時期と重なり私自身、以前から自分が払う税金の
一部を「○○に使って欲しい」と何で受け入れてくれないのかと
疑問を持っています。
今、税金の一部を他の都道府県へ納税出来るシステムがありますが
同じ様に支払う税金の何%かを納税者が「○○に使って」と
選べる様になってくれればいいのに・・・と思ってます。
ペット税の主な使い道として、保健所での殺傷処分をなくす為の
保護施設の建設やマイクロチップ装着費用に役立てるとありますが
税金導入以前に飼い主になる人間の気持ちがいい加減なら
捨てられる子は減らない。
税金が課せられようと罰金が多額になっても捨てる人間は捨てる。

つい数日前もいつもお嬢と遊びにい行く公園で出会った
チワワ(♂)を連れていた飼い主のおじさんに
「子はとったのかい(生ませたのかい)」という言われました。
お嬢は遺伝的な疾患があるので繁殖は出来ない事を説明しましたが
おじさんにちゃんと伝わったか・・・
どうみてもブリーダーをやっている感じではない、一般の飼い主。
自然に簡単に「繁殖」の話しをする飼い主はまだまだ沢山居る。
お嬢は見た目は全く普通だし、言われなければ病気とは思われない。
だけど、この子は乱繁殖によってこの世に生み出されてきて
しなくていい辛い日々を過ごしてきた・・・
私もお嬢が健康だったら、繁殖をさせていたかもしれない。
だけど、お嬢と出会えた事で私は間違った飼い主にならずに
今を楽しく暮らしていけている気がします。
何度も言います。
ペットとして一般の家庭にやってくる子はみんな家や人間を
自分の意思で選んでやって来ない事。
人間は自分で選んで迎えたその日から小さな命を何があっても
守ってあげる義務があります。
ペット達にとって一番信頼できる人間は飼い主だけ。
幸せにするのも不幸にするのも飼い主の気持ち次第であるという事。
間違った飼い主だけにはならない様に・・・そう願います。

遣る瀬無い気持ち・・・

このblogでも先日ご紹介させて頂いた
現在一時預かり中の「みぃちゃん」という
とっても可愛いお顔をしているけれど・・・
ボランティアのmaoさんを困らせているらしい
極端な怖がり&わがままさんで気に入らないと
ガブッ
maoさんのお家にいる玉子ちゃんもそばを通るだけで
威嚇をしてしまうとの事。
みぃちゃんはきっと放棄されるまではきっと
とても可愛がられていたんだろうな・・・
「自分が一番」と大事にされて暮らしていた。
そんな気がする。
みぃちゃんはまだ元の飼い主さんのところへ帰れると
毎日お家に帰る日を夢見ているんじゃないのかな。
元の飼い主さんにはそれ相当の事情があったのだろうけど
やっぱり最初に飼い主になった人間の事をは誰よりも
信じているんだと思う。
決して若くないみぃちゃん、8年も一緒に過ごした人間を
すぐに忘れるなど出来ないだろう・・・
こういう事情を聞くと本当に何て罪深い事を人間はするのかと
思ってしまう。
みぃちゃんがmaoさんや玉子ちゃんを受け入れて仲良くなる日を
私も願っています。
maoさんの元で変わったら、きっと新しい家族とも仲良く
楽しく暮らせるはず・・・頑張って欲しいです。

一方で・・・34年前に保健所にを殺された恨みだと
国の機関で働いていた人間に刃を向けた人間も居る。
そのあまりに身勝手な理由に保健所で命を消していく
達の声など代弁して欲しくはない。
一番憎むべきは保健所に連れて行く飼い主達。
保健所で最後のスィッチを押さねばならぬ職員の方々は
毎回居た堪れない気持ちでそのスィッチを押している。
悪びれる様子もなく置き去りにしていった人間の代わりに
命を消していく彼らに手を合わせながらその最後を見送ってくれる。
2人の命を奪った犯人のの処分を保健所に願ったのは
彼の父親じゃないか・・・
私は己が起こした身勝手な犯罪をこんな理由で語って欲しくない。
父親に処分されただって、自分の死を都合のイイ言い訳にされて
迷惑しているだろう。
厚生省の元事務次官をいくら殺したって、保健所へ置き去りにされる
は減ったりしない。
身勝手な人間が居なくならない限り、毎日何処かで置き去りにされる子は
決して減ったりしない。

神様からの使者☆

このblogで何度かご紹介しているもも友さん。
人間に捨てられて保護をされたの一時預かり
ボランティアをしているmaoさん。
決してご自身も丈夫といえない身体でありながら、
懸命に小さな命を救ってくれています。
大きな手術を夏に済ませて、最近も目の手術を
終わらせたばかり・・・
そして、彼女の元にまた助けられた小さな命が
やってきました。

パピヨン×ポメラニアンの男の子
8才の「ミシェル君」
cimg1381_1_p.jpg
凛々しくて、賢そうなお坊ちゃまです


彼がどんな生活をしていたのか・・・詳細は判りませんが
プチガウ状態(maoさん弁)なので、相当怖がりな性格
新しい素敵な家族と出会うまでに頑張ってリハビリして
嫌な出来事は忘れて一日も早く幸せになれます様に
ミシェル君のお顔にした方はmaoさんの
blog「玉子とおぃらとお預かりWANの日々の暮らし」
をご覧になって下さい。



♡+:;;:+♫+:;;:+♡+:;;:+♫+:;;:+♡+:;;:+♫+:;;:+♡
私にはももの事だけで精一杯で可哀相な境遇にある
達を救ってあげる余裕がありません。
maoさんと同じ活動をして下さる方や、保護された子の
里親さんになってくれている方々には本当に感謝を
しています。
小さな命を救ってくれる方々はみんな
神様がこの世に授けてくれた使者の様な気がします。
放っておけば消えていく小さな命は日本全国に
沢山居ます。
その中で救い出された子はとても運が良かっただけで、
実際はそのほとんどが3日に一度消えていきます。
身勝手な人間の方が現実に多いこと・・・
私は何度でも声にします。
「命をおもちゃにするな
自分で選んだ動物達を身勝手に手放すならば
最初から手にしてはいけない。
カウンター
プロフィール

もも母

Author:もも母
Aコッカー・スパニエル女子
「ももち」のお母さんです。
blogでは可愛いワンコ娘の事
趣味のDSBと色々な手作り等を綴っています♪






ついでにポチッと
お願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ スクラップブッキングへ


にほんブログ村 ハンドメイドブログ いろいろなハンドメイドへ


ENGLISH Sty
English English得袋.com
ご協力ください
全国から供血が必要な子の
協力を呼びかけています




ついでにポチッ!
お願いします
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

我が家のお嬢
お買いもの

リンク先:GREEN DOGトップページ
ごちそうデリ365
フェリシモ「コレクション」(頒布会)
送料無料のドッグフード
日比谷花壇_オリジナル_お花のスイーツ
楽天市場
カテゴリー
リンク
DSB-Link
Free Font-Link
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。